ギャラリー「タジェール」で予定されている展示会のスケジュールです。

2017. 3/13 (月) ~ 4/3 (月)
ニーナ・アブレヴァージャ写真展 “タンゴ・アンダー:素顔の瞬間”

作品

3/29 (水)から開催される桜タンゴフェスティバルにちなみ、アルゼンチンの若き写真家、また自らもタンゴ愛好家であるニーナ・アブレヴァージャの作品が福岡にやってきます。

ブエノス・アイレスのUCES大学で広告宣伝を学び、広告代理店でアートディレクターとして活躍した後、独立し自身の写真・デザインスタジオ 「Tita Fotografica」を設立、起業家のためのインテグラルイメージング プロジェクトに従事。
2008年、タンゴに魅了され、ダンスを学び始める。2011年、サロンタンゴの講師資格まで取得した彼女は、写真家としてタンゴに新たな情熱を見出し、それまで専門としていた広告宣伝の分野からコンサートやミロンガなどの舞台を活躍の場に変え、現在フリーランスの写真家として活躍している。


  • 開館時間:
    月 ~ 金 12:00 ~ 21:00
    土日 ・ 祝 11:00 ~ 18:00
  • 入場無料

2017. 4/7 (金) ~ 4/11 (火)
Kiyoon Chang写真展 "Wang Shu in China - 中国の建築家 王ジュ"

作品

韓国の建築家Kiyoon Changが中国の寧波市で撮影した写真10点を展示。プリツカー賞賞で知られる名高い建築家 王澍の建造物をおさめた写真通して、王澍の持つ哲学の要素、地域への敬意を感じさせるローカリティーを表現。工業的素材を積み上げてできた巨大な塊が、私たちの生活において何が一番大切か語りかける。


【作家プロフィール】
展示者:Kiyoon Chang

【学歴】
1986 ソウル国立大学 建築学部
1989 ソウル国立大学 大学院 ランドスケープ・アーキテクチャー
1993 ミネソタ大学 大学院 建築学部

【職歴】
1993 - 1996 エコ・フレンドハウジング 開発戦略チームエグゼクティブ
1996 - 2002 チェイル・コミュニケーションズ エグゼクティブマネージャー
2002 - 2003 ナビアートセンター、SK
2003 - 2004 Lehmann Brothers SeongBuk-Hills エグゼクティブディレクター
2004 - 2006 グリーンデザイン ディレクター
2006 - 2009 ソウル国立大学 美術大学で教鞭をとる
2009 - 誠信女子大学、美術大学で教鞭をとる

  • 開館時間:
    月 ~ 金 12:00 ~ 21:00
    土日 ・ 祝 11:00 ~ 18:00
  • 入場無料